読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taka9unのブログ

ゲームのまとめ・解説等。現在はPUBGメインです。過去記事も随時更新しています。

【PUBG】快適プレイ!おすすめPCスペック【PlayerUnknown's BattleGrounds】

PUBGは重いゲームです

言わずと知れた大人気PCゲームのPUBG【PlayerUnknown's BattleGrounds】

FPSゲーマーだけでなく、さまざまなジャンルのゲーマーに人気です。

このPUBGというゲームは、BF1やゴーストリコンなどに比べてかなり重いです。

グラフィックがめちゃくちゃキレイというわけでもないのですがやたらと重く、一昔前のミドルスペックでは画質などを全て最低設定にしてようやく60FPSといったところ。

今回は、そんな重いPUBGを快適にプレイできるスペックを紹介します。

 

 

最低動作環境とおすすめ推奨スペック

最低動作環境

OS 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPU Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリ 6GB以上
GPU GTX660 / HD7850

これは最低動作環境といって、これより低いスペックでの動作は保証できません、という基準となります。

これと同等または少しスペックが高いから快適に遊べる、というわけではありません。

おすすめ推奨スペック

CPU Intel Core i7 7700
メモリ 8GB以上
GPU GTX1060(6GBモデル)
ストレージ SSD

こちらが私がおすすめするスペックです。

http://cdn.mos.cms.futurecdn.net/uGwdnGb2qyxdsCnvBUnYPU-650-80.png

http://cdn.mos.cms.futurecdn.net/FwQPN4ThrzyEr6D3tS6AMU-650-80.png

SOURCE:http://www.pcgamer.com/best-pubg-settings/

 

CPU

CPUは7600Kなどでも事足りると思いますが、どうせPCを買うならPUBG以外に面白いゲームがあったらやってみたいですよね?また、面白いプレイや上手く倒せたシーンなどを録画できたら、編集してYouTubeに投稿してみたり、生配信してみたりしたくなるかもしれません。そんな時、4C4Tのi5よりも4C8Tのi7の方が快適になります。

7600kと7700は差額が8000円ほどですので、できればi7を選びたいですね。

Intel CPU Core i7-7700 3.6GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80677I77700 【BOX】

Intel CPU Core i7-7700 3.6GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80677I77700 【BOX】

 

 

メモリ

若干メモリに不安はありますが、このスペックであれば問題なくプレイ出来ると思います。

PUBGだけでメモリを約4GBほど使用します。他にソフトが起動していると、メモリのエラーで落ちたりすることがありますので、できれば16GBに増設しておくといいですね。

CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16

CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16

 

 

GPU

GTX1060は3GBモデルもありますが、PUBGをプレイしていると、VRAM使用量が4GBを超えていたので、6GBモデルを選んで下さい。

ストレージ

このゲームは読み込み時間がとても重要なゲームです。HDDにインストールしていると、最初にパラシュートで降下した時に、建物の描画が追いつかずに、グニャグニャな粘土のようになり、まともに物資回収などができない事があるそうです。

オンライン対戦でなければHDDでも問題無さそうですが、粘土の街をさまよってる間に敵にやられてしまうのは避けたいところ。SSDを選びましょう。

OSとゲーム、また他にソフトなどをインストールすることを考えると、240GB以上あると安心できますね。

SanDisk SSD PLUS 240GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J26

SanDisk SSD PLUS 240GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J26

 

 

ゲームを録画するなら、別途大容量HDDを用意すると便利です。録画ファイルは結構容量を喰うので、2TBのHDDあたりを用意するといいですね。

おすすめスペックBTOの予算は? 

BTOショップでは価格が安い事で有名なフロンティアさんの価格をみてみます。

 

FRGR711/G GRシリーズ GeForce GTX1060搭載 ゲーミングPC Windows10モデル

詳しくはリンク先にスペック詳細が記載されていますが、

  • 【CPU】Intel i7 7700
  • 【メモリ】DDR4-2400 16GB
  • 【GPU】GTX1060 6GB
  • 【SSD】275GB
  • 【HDD】2TB
  • 【光学】DVDマルチ
  • 【保証】1年

簡単にスペックを書き出しましたが、上記スペックで¥142,800(税抜)です。

15万円ちょっと必要ですね。

分割購入する事もできますので、詳しくはフロンティアさんのページでご確認下さい。

 

もっと快適スペック!Amazonで完成品PC

もっと快適なスペックを求めるのであれば、やはりグラフィックボードはGTX1080以上を選択したいですね。

なんとこちらのPCは、先程のオススメスペックそのままに、グラフィックボードがGTX1080搭載で193,000円というかなりのお買い得な値段です。

ただ普通のショップPCのようにキーボードやマウスは付属しないようです。

ですが、LogiCoolの低価格帯のゲーミングデバイスはキーボードとマウスで1万円程度で購入できるので、自分の気に入ったデバイスを最初から購入するのもいいですね。

  

ノートPC買おうと思うんだけど?

今はノートPCでも、ゲーミングノートであればデスクトップ用のグラフィックボードの仕様のノートPCもあったり、グラボを外付けする方法もあるみたいで、かなり侮れない性能となってきました。

ですが、発熱の問題や画面のサイズ、そして2年後などの最新ゲームをプレイするかもしれない事を考えると、ノートPCはおすすめしません。

もしBTOや自作してデスクトップPCであれば、今後他のゲームをやるのにグラボの性能が足りなくなったりした時に、グラボの交換だけでPCを使い続ける事ができます。

特別な理由がない限り、デスクトップを購入しましょう。

自作は安い?BTOは高い?

先程の20万円以下で購入できるショップPCとほぼ似たようなスペックで組むとしたら、

 【CPU】Core i7 7700 BOX \35,429 @最安
【メモリ】CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組] \14,904 @最安
【マザーボード】Fatal1ty H270 Performance \14,625 @最安
【ビデオカード】GF-GTX1080-E8GB/BLF [PCIExp 8GB] \66,938 @最安
【サウンド】
【SSD】WD Green WDS240G1G0A \8,831 @最安
【HDD】ST2000DM006 [2TB SATA600 7200] \5,898 @最安
【光学ドライブ】GH24NSD1 BL BLH \1,892 @最安
【ケース】Define R5 FD-CA-DEF-R5-TI [Titanium] \14,097 @最安
【電源】V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP \11,854 @最安
【OS】Windows 10 Pro 日本語 Anniversary Update適用版 \19,500 @最安
【合計】¥ 193,968

このような感じですね。

電源は80+ゴールド、ケースは評判がとてもいいR5で見積もりをしてみました。

パーツに初期不良や相性の不具合があったりして起動しなかったり安定しない場合、まず自分でどのパーツが悪いのかを自分で検証して追求しないといけません。

また、いろいろなショップでバラバラで購入しているので、返品や交換するにはバラバラに購入店に問い合わせる事になります。

自作のメリットは、電源やケースなどパーツそれぞれを好きにカスタマイズできる、というところです。

BTOショップで購入するメリットは、トラブルが発生したらショップに丸投げ出来ることだと思います。

フルカスタマイズBTO

自作のメリットとBTOのメリット両方を持ち合わせたショップがあります。

 

PCパーツと自作パソコンの専門店 1’s

こちらのショップでは、パーツを全てフルカスタマイズできます。全て自分の好きなようにパーツを選択し、組み立てとOSインストールまで全てショップに任せ、完成した状態で届けてくれます。

また、不具合があればパーツのみ送ることも、PC丸ごと送ることもできます。

上記スペックのフルカスタマイズPCを見積もりしてみました。

 

2万円ほど高くなってしまいましたが、組み立てや動作確認などのリスクを考えると、2万円払った方が良い人もいらっしゃると思います。

組み立てるだけなら余程不器用じゃない限りネットや雑誌で順序を見ながら作業すれば組み立てられます。

ですが、すんなり一発で起動するとは限りません。自分が今使用しているPCも、組み立てはすんなり行きましたが起動しない、起動したらすぐ落ちる、など少しトラブルがありました。

前のPCを自分でパーツ交換してある程度知識もあったのでトラブルは解消できましたが、何の知識もなく自作するのはかなり危険です。下手にいじりすぎて物理的に破損して返品不可になったら大変ですよね。

通常の保証期間は1年ですが、延長保証サービスもありますので、詳しくはこちらでご確認下さい。

 

なお、今回のパーツ選別は自分の好みですので、価格.comなどでレビューを見たりして色々組み合わせてみるといいですね。物理的に無理な組み合わせを選択すると、組み立て前にショップから連絡してもらえるので、安心です。

BTOで買えばすぐにプレイできるの?

これは基本的にPC本体のみの販売ですので、別途モニターなどが必要となります。

普通のテレビでは遅延などもあったりしますし、付属マウスやキーボードもゲーミングデバイスではないので、同時に購入することをおすすめします。

デバイスの選び方は、 

www.taka9un.com

こちらの記事を参考にどうぞ。