Taka9unのブログ

ゲームのまとめ・解説等。現在はPUBGメインです。過去記事も随時更新しています。

MENU

【ゲーム実況】Roland QUAD-CAPTURE UA-55【弾いてみた】

ギターを弾くとき、いつもアンプは使っていません。

ギターをPCを接続し、PCで音楽を再生させながらギターの音もPCから出しています。

 配信・録音に最適!UA-55

 こちらはAmazonが販売してる商品と同じ値段で、マイクとスタンドがセットでついてきてお得です。生配信、アコギやアンプのマイク録りにも使えます。

 

Soner X1 LE が付属してましたが、弾いてみたや歌ってみたを作るには十分すぎるソフトだと思います。

 今はAbleton Liveってのが付属しているらしいですね。SonerとCubaseしか使ったことないので気になります

現在の接続方法

f:id:takachan8080:20170129191554p:plain

こんな感じになってます。

自分はアンプシミュにHD500Xを使っていますが、フリーソフトのアンプシミュでも練習や録音をすることができます。

DUO-CAPTURE EX UA-22も昔持っていたのですが、ステミキみたいな機能がなかったので、買い換えました。

 またHD500にもオーディオI/Fの機能がついていますが、先にUA-55を購入していたので、HD500のオーディオI/F機能は使ったことがありません。

ヘッドホンはSONYのMDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

 

 スピーカーはRolandのMA-15D

review.kakaku.com

 このスピーカーは2入力に対応しており、PCのサウンドカードからゲーム音をスピーカーで出したり、UA-55からギターや音楽をこのスピーカーで出したりもしています。

 

UA-55は、背面からスピーカー出力、フロントからヘッドホンに同時に出力することができます。

なので、モニターヘッドホンなどで録音、アクティブスピーカーでミックスダウン、のような作業も、出力先をいちいち変更せずに使うことができます。

 

また、ダイレクトモニター機能で、入力したギターなどを、遅延なく聴くことができます。入力を聴くバランスも、UA-55で調整することができます。

 

ボーカル録音など音声の録音に最適な高品質コンプレッサーも搭載してますので、マイクとUA-55があれば、すぐに歌ってみたを録音したり、また生放送でも、パソコンに入ってる音源などを流しながら、自分の歌声などを同時に配信することも可能です。

 

ギターの練習でも、youtubeを再生しながら、それに合わせてギターを弾いて、ヘッドホンやスピーカーから同時に聴くこともできるので、とても便利です。

 

オーディオインターフェイス機能がついたマルチエフェクターなどでもいいのですが、別のマルチエフェクターで音作りしたいときとか、アコギをマイク録りしたいときや、アンプでマイク録りしたい時なんかでもUA-55があればすぐできます。

 

いろんな可能性を広げたいのであれば、オーディオインターフェイスは一番最初に導入すべき機材だとおもいます。付属マイクは自分は歌は苦手なのでほとんど音声は録音してませんが、アコギの録音とミニアンプのマイク録りをしたときは、ノイズもなく、アンプシミュよりもいい感じの空気感で録音することができたので、用途に合わせてグレードアップするのがおすすめです。ガチでレコーディングするには当然力不足ですが、歌ってみたを作ってみたり、生放送で使用する分には問題なく使用できます。

PCとの接続はUSBケーブル1本ですので、難しいことなく簡単に始められます。