読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taka9unのブログ

ゲーム、自作PCなど。過去記事もたまに内容更新してますので、一度読んだ記事もたまには見てやってください。

【大成功】Rockit88で殻割りしてみた!【温度テスト編】

 前回、アメリカから購入したRockit88が届いたので、殻割りをしてみました。

takachan8080.hatenablog.com

 

というわけで、生まれ変わった6700KでさっそくOCCTを回してみたいと思います。

プロが行う殻割りは冷えて当然だとおもいますが、ど素人が殻割りしてもきちんと効果はでるのか?

また、定格で使用する場合、ほとんど変化はないのか?

実際に検証してみたいと思います。

自分のPCの構成を簡単に書いておきます。

【CPU】6700K

【M/B】Z170 Extreme 4

【クーラー】虎徹

【ケース】H440 (排気に12cmファン×2を追加)

マザーボードで、ファンを全てサイレントモードで稼働させています。

 

 

OCCT LINPACK AVXで、30分回します。室温も23℃で、殻割り前とほぼ同じ条件です。

 

アイドルでは温度はほとんど変わってません。本当に成功してるのか、ちょっと心配ですが・・・

比較しやすいように、殻割り前のグラフも載せておきます。

 

 

定格(シングル4.2GHz、マルチ4GHz)

 殻割り前(平均66℃)

f:id:takachan8080:20170208035336p:plain

殻割り後(平均54℃)f:id:takachan8080:20170210035045p:plain

これは・・・殻割り前よりも10℃冷えてます!!!これは成功ではないでしょうか?ファンの音もちっとも聞こえません。OCしない人でも、効果は十分ありますね。

グラフからみると、1時間やったらもう少し上がりそうな気もしますが。

 

そして、4.5GHz

殻割り前(平均77℃)

f:id:takachan8080:20170208040531p:plain

殻割り後(平均62℃)f:id:takachan8080:20170210035222p:plain

平均15℃ほど、冷えています。殻割り前の定格よりも、冷えている状態です。

エアフローのあまりよくないH440に、安価な虎徹ですが、これなら4.5GHz程度なら十分常用できる温度です。ファンコンで高熱時にもうちょっと回転数が上がるようにすれば、まだまだ余裕ですね。ファンの音はちっとも聞こえません♪

簡易水冷も試したくなってきますね・・・!!!

 

 

自作PCの経験も、1から組んだのは今のメインPCが初めてで、サブPCのOCも手探りだった自分でも、結構簡単に殻割りして温度を下げることができました。

Vcore1.31vで4.6GHzが回らないちょっと(かなり?)ハズレな6700kですが、簡易水冷を使用すればもうちょっと電圧盛って4.8GHzくらいで常用も狙えそうですね。

 

殻割り後、定格でCINEBENCHを回した時の最高温度は44℃、 4.5GHzでは最高51℃でした。

 

 

今回の殻割りは大成功に終わりました。Rockit88は簡単に殻割りをすることができますが、失敗すると4万円をドブに捨てることになるので、殻割りを考えている方はくれぐれも慎重に判断してくださいね。OCも殻割りも、壊れても一人寂しく泣くしかないので、買ったときのまま使うのが、本当は一番いいのかもしれませんね。

 

 

おまけ

 

ケースファンはサイレントモードのまま、虎徹のファンのみフル回転でテストしてみました。

4.5GHz

f:id:takachan8080:20170210182841p:plain

平均58℃とかなりいい感じです。エアフロー改善とか考えていましたが、ゲームをやってない時に関しては、GPUの発熱がないので、問題なさそうです。

それなりの静音ケースなので、虎徹を低回転で回そうが、フルで回そうが騒音はどちらも感じなかったです。

ゲーム中は980tiが70℃ほどまで上昇し、つられてCPU温度も上がってしまっているので、GPUの発熱をいかに逃がすか、が次の課題となりました。