読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taka9unのブログ

ゲーム、自作PCなど。過去記事もたまに内容更新してますので、一度読んだ記事もたまには見てやってください。

【ゲーム実況】録画ソフト比較【おすすめ】

ゲーム実況動画を制作するのに必要な、録画ソフト。

Shadowplay、GameDVR、ロイロゲームレコーダー、AmaRecCoで、どれくらいの画質で録画できるのか、ベンチマークのスコアにどれくらい差がでるのか、を比較してみました。

 

結論から言いますと、GameDVRかShadowplayのどちらかがおすすめです。

 

 

AmaRecCoは画面にロゴが出ます。なんか消す方法もあった気がしましたが、忘れてしまいました。

 

ロイロは比較的重いです。6700k@4.5GHzでも重くなるのが体感できたので、CPUがi5を使用している方とかだと、さらにフレームレートも下がるのではないでしょうか。

Aviutilで編集するにもいちいち何かが立ち上がって、ちょっと邪魔でした。ここらへんは対策方法があるのかもしれませんが、他のソフトのほうが簡単に扱えます。

逆に超高画質で録画したい、ハイパワーマシンを持ってる方なら、ロイロのほうがいいかもしれません。最高設定で録画すると、動画容量は10倍でした。

 

youtu.be

エンコードしてあるので、そんなに画質は比較できませんが、元のファイルで見ても、画質にそんな変わりはありませんでした。

ロイロはロイロスコープという編集ソフトが体験版で使用できるので、使用してみてもいいかもしれません。

 

AmaRecCoは、どのウインドウを録画するか自由に選択できるが便利です。マルチモニターでいろいろウインドウを開いている人は、コチラのほうが使い勝手は良さそうです。画質や音質、キャプチャ領域も幅広く設定できます。

 

GameDVRは、ShadowPlayとほぼ同じような使用感です。インスタントリプレイのような機能も搭載してるので、録画してないときに神プレイが出たときなど、助かりますね。15秒、30秒、1分、3分、5分、10分から選択できます。

録画時間が最長2時間という制限があるのが残念ですね。

ただ、ShadowPlayに対応していない構成の場合、これを使用するのがおすすめです。

CPUパワーにもよるかもしれませんが、自分の環境だと、録画中でもパフォーマンスの低下は体感できませんでした。難しい設定や登録とかもなく、ちょちょいと名前を決めて、画質は高とか標準といったわかりやすい項目で、手軽に使用することができました。

あと、やはりタスクバーをキャプチャーしないこともメリットです。

それと、こちらもどのウインドウ、どのモニターの画面でもキャプチャすることができます。録画中に別のウインドウを開いても、録画しているウインドウをキャプチャし続けます。

 

Shadowplayは配信も簡単に行えるのが一番のメリットですね。NVIDIAのグラボを使ってるのであれば、これを使用するのが間違いないです。

 

どちらのソフトも60FPSで録画できますし、ショートカットキーで録画の開始、停止をできます。バックグラウンドで録画もできるので、録画してなかったときに良いシーンがあったときは、巻き戻し録画もできます。

録画したファイルはmp4でファイルサイズも比較的小さいので、2TBとか3TBのHDDがかなり安いので、結構撮り溜めしても圧迫することはないでしょう。

www.gigafree.net

このソフトを使うことで、さらに高度な設定で録画をすることもできます。

使ってみた感じではかなり軽いし、ゲーム録画以外でもおすすめです。