Taka9unのブログ

ゲーム情報攻略ブログ。たまにゲーム関係ない記事もあります。

MENU

【PUBG】GameUserSettings.ini【PlayerUnknown's BattleGrounds】

過去のゲームはiniファイルをカスタマイズすることで、軽量化をしたり影を消したりという設定をするのがほぼ常識と言えるくらい、沢山の人がカスタマイズして遊んでいました。

PUBGではiniファイルのカスタマイズは規約では認められていません。(初期は不具合が起きてもサポートはできないとしか言っていなかったが)

iniファイルの書き換えを検知できないとしても、配信や録画動画をYouTubeに投稿している場合、規約が変わった後でiniファイルを書き換えたと確実に分かる場合、通報などによりBANされる可能性があります。

Is it okay to edit configuration files?

No, editing any game files to gain an unfair advantage is against the Rules of Conduct. This includes changing any game configuration files to result in changes that cannot be made via the in-game settings menu.

forums.playbattlegrounds.com 

iniファイルの場所

アドレスは

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\TslGame\Saved\Config\WindowsNoEditor

この中に、GameUserSettings.iniというファイルがあります。AppDataがない場合は、表示タブ内にある隠しファイルの項目にチェックを入れて下さい。ファイル名拡張子にチェックが入ってない方は、そちらもチェック入れておきましょう。 

GameUserSettings.iniをダブルクリックすると、

f:id:takachan8080:20170506170207j:plain

Windows付属のメモ帳で書き換えをすることができます。

キーコンフィグがおかしくなったら、このファイル自体を消去してからゲームを起動することで、このファイルが新しく作られ、リセットすることができます。

 

iniファイル書き換えで出来ること

ADSをクリックからホールドに入れ替える

GameUserSettings.iniの中の下の方に、

「InputModeADS=Toggle」

という項目があります。このToggleをHoldに書き換えると、ADSをする時のクリックとホールドを入れ替える事ができます。(長押しでADS、クリックで腰ダメ)

 

FPS制限を解除する

Engine.iniを開き、一番下に

[/Script/TslGame.TslEngine] 
FrameRateCap=0

と追加することで、FPSの制限を解除する事ができます。また、=0の数字を200にすると、最大200FPSに制限したりする事も可能です。

 

インベントリの透過

9月上旬まではポストプロセスを最低にするとインベントリが透過していたのですが、9月のアップデートでどの設定にしていても透過しなくなりました。

Engine.iniに

[/script/engine.renderersettings]
r.DepthOfField.MaxSize=0

と追加することで、インベントリを透過させる事ができるようになります。

 

アンビエントオクルージョンの無効化等

[/Script/Engine.RendererSettings]
r.DefaultFeature.Bloom=False
r.DefaultFeature.AmbientOcclusion=False
r.DefaultFeature.AmbientOcclusionStaticFraction=False
r.DefaultFeature.AutoExposure=False
r.DefaultFeature.MotionBlur=False
r.DepthOfFieldQuality=0
r.DepthOfField.MaxSize=0
r.SwitchGridShadow=0

こちらはインベントリ透過も含まれています。

 

その他

www.taka9un.com

www.taka9un.com

www.taka9un.com

※対策が入るようです