Taka9unのブログ

ゲーム情報攻略ブログ。たまにゲーム関係ない記事もあります。

MENU

【コスパ重視】2017年おすすめのBTO!【ゲーム・動画編集】

パソコンが欲しい!でもどのパソコンを買ったらいいのかわからない。

メーカーPCは性能の割に高いし・・・自作PCは知識がない・・・ 

そんな方はBTOショップでパソコンを購入するのがオススメです。

BTOパソコンって何?

BTOパソコンのBTOとは、Build To Order、オーダーされてから製作する、という意味です。

が、完全な受注生産よりも、ある程度スペックが決められており、そこからパーツのグレードアップや不要なパーツを外してもらうタイプが多いです。

ノートパソコンなどはすでにスペックが決められており、その中から自分の用途に合わせたパソコンを選ぶことになります。

逆にBTOパソコンは、パーツを変更してカスタマイズすることで、自分の用途に合わせてパソコンを作ってもらうことができます。

 

BTOパソコンのメリット

  • 基本的に安くて高性能である。
  • パーツのグレードアップができる。
  • 保証が付いている。(自作PCは自己責任)
  • 性能が足りなくなっても、パーツ交換で対応できる。

ゲーミングPCの場合、2,3年するとグラボの性能が一気に上がり、それまでのグラボではゲームが重くなってしまうことがありますが、グラボのみを交換して最新ゲームをプレイすることができます。

また、BTOショップがパーツを大量入荷して組み上げたりしているので、大量仕入れによるコストダウンのお陰で自作と同等、時には自作するより安く購入することもできます。

 

BTOパソコンのデメリット

  • 保証期間が短い。(延長保証有り)
  • オーバースペックになる可能性がある。
  • 店頭でスタッフと相談できる店舗が少ない。

ほとんどのBTOショップは1年の保証期間があります。有料で+2年の延長保証を付ける事ができるショップなどもありますので、不安であれば購入時に加入しておきましょう。

また、ネットサーフィンやレポートを書く程度の使用目的であれば、わざわざBTOパソコンでなくても安いノートPCで十分だと思います。

動画編集や画像編集だったり、最新のPCゲームをプレイしたい方はそれなりのハイスペックなPCでないと厳しかったり動かなかったりしますが、スペックが高くなればなるほど費用もガンガン高くなります

地方の場合、BTOパソコンを取り扱っている店舗が少ないため、ネットで情報を集めたりしてスペックを決める必要があります。

  

安くてオススメのBTOショップ

BTOショップの老舗、フロンティアはかなりコスパが高いです。 

FRONTIERダイレクト

他のBTOショップとスペックや価格を比較してじっくりと悩んでください!

下記はセール商品の中でもコスパよしスペックよしのオススメモデルです。

PUBGも余裕!i7 7700 & GTX1070 モデルでこの価格! 

FRGA750/WS6 GAシリーズ 台数限定セール Windows10モデル¥139,800(税抜)

・Windows® 10 Home 64bit版 [正規版]
・インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー (3.60GHz / 8MB) 
・インテル® H270 チップセット
・16GB (8GB x2) DDR4 SDRAM DDR4-2400 メモリ
・275GB SSD / 2TB 2nd HDD / 光学ドライブ無し
・NVIDIA® GeForce® GTX1070
・850W ATX電源 80PLUS GOLD【日本製コンデンサ仕様】
・1年間センドバック保証

※こちらは光学ドライブがオプションとなっています!オプションで光学ドライブを搭載するか、別途通販などでUSB接続の外付け光学ドライブを用意すると便利です!

 

重量級ゲームも超快適!i7 7700 & GTX1080搭載ハイスペックPC! 

FRGA750/WS3 GAシリーズ 台数限定セール Windows10モデル¥164,800(税抜)

・Windows® 10 Home 64bit版 [正規版]
・インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー (3.60GHz / 8MB) 
・インテル® H270 チップセット
・16GB (8GB x2) DDR4 SDRAM DDR4-2400 メモリ
・525GB SSD / 2TB 2nd HDD / 光学ドライブ無し
・NVIDIA® GeForce® GTX1080
・850W ATX電源 80PLUS GOLD【日本製コンデンサ仕様】
・1年間センドバック保証

※こちらは光学ドライブがオプションとなっています!オプションで光学ドライブを搭載するか、別途通販などでUSB接続の外付け光学ドライブを用意すると便利です!

 

8コア16スレッドで動画編集も楽々!R7 1700&GTX1060 6GBモデル!

 

FRGXR170 GXシリーズ AMD Ryzen プロセッサー搭載 Windows10モデル¥132,800(税抜) 

・Windows® 10 Home 64bit版 [正規版]
・AMD Ryzen 7 1700 プロセッサー 3.00GHz(8コア/16スレッド)
・AMD A320 チップセット
・16GB (8GB x2) DDR4 SDRAM DDR4-2400 メモリ
・275GB SSD / 1TB 2nd HDD / DVDマルチドライブ
・NVIDIA® GeForce® GTX1060 6GB
・600W ATX電源 80PLUS BRONZE【日本製コンデンサ仕様】
・1年間センドバック保証

今のゲームはマルチコア性能よりもシングルコア性能の方が重要で、Core i7の方がフレームレートがでる場合が多いのですが、ゲーム以外の動画編集やエンコードなどの作業ではマルチコア対応のソフトが多く、ゲームも少しづつマルチコア対応ゲームが増えていくと思われます。パソコン1台で何でもこなしたい方はRyzenの8コアがコスパも高くオススメ。 

 

フロンティアのセールがアツい!

他にもコスパに優れた商品はまだまだあります!

 

最後に

 最近はRyzen搭載BTOパソコンも増えてきています。

ゲームするだけならIntelのCore i7搭載で十分ですが、動画編集やエンコードなどの重い作業をする場合、i7 7700や6700kの倍のコア数があるRyzenの方が向いている時もあります。

ゲームに関してはまだIntel Core i7の方がスコアが出るゲームが多いので、自分の用途や予算に合わせてPCを購入検討してみて下さい。