Taka9unのブログ

ゲームのまとめ・解説等。現在はPUBGメインです。過去記事も随時更新しています。

MENU

【無料FPSゲーム】ARGOをプレイするために必要なスペック【PROJECT ARGO】

Steamからダウンロード可能になりました。 

www.taka9un.com 

6月22日にリリースとなる基本プレイ無料のFPSゲーム、ARGO

現在も公式ページからアカウント登録をして、ゲームをプレイすることが可能です。

 

まずはプレイするためのスペックから。

ARGOをプレイするために必要なスペック

以下は公式ページより。

最小スペック

OS Win7 SP1 64bit
CPU Intel Dual-Core 2.4 GHz
AMD Dual-Core Athlon 2.5 GHz
グラフィック NVIDIA GeForce 9800 GT
AMD Radeon HD 5670
Intel HD Graphics 4000 with 512 MB VRAM
メモリ 4GB
ストレージ 20GB以上の空きスペース

推奨スペック

OS Windows 7 / 8 / 10 64-bit
CPU Intel Core i5-4460
AMD FX 4300
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 660
AMD Radeon HD 7800 Series with 2 GB VRAM
メモリ 6GB
ストレージ 20GB以上の空きスペース


以上が公式が発表している要求スペックとなります。

そこまで高いスペックを必要としていませんね。

ARGOってどんなゲーム?

5vs5の少人数対戦で、シナリオという3つのゲームモードがあります。

Argo - Scenario spotlight: "Raid"

攻撃側と防衛側に分かれ、機密情報を手に入れるRaid

youtu.be

 

複数あるノードを起動し、ポイントを稼ぐLink

youtu.be

 

Argo - Scenario Spotlight "Clash"

7つの拠点を奪い合うClash

youtu.be

 

6月22日にSteamで無料リリースされますが、課金要素としてArgo Supporter's Packが$10で用意されており、各試合終了時のMVP画面専用の14個のアニメーション、22個のユニークなアパレルアイテムのバンドル、プレミアArgo Supporterサーバーへのアクセス、およびサポーターの名前が強調表示、3Dシナリオエディタでの車両使用機能などが利用可能です。 

 

公式ページはこちら↓

www.projectargo.net

 

 

スクリーンショット

ロビーでは装備の変更や服装の変更ができます。

始めたばかりではアサルトライフルとサブマシンガンしか選択できませんでした。

ハンドガンも数種類あります。

f:id:takachan8080:20170606190737j:plain

 

マッチ終了ごとにXPが取得でき、レベルが上がると様々な武器やアタッチメントが使用できるようになるみたいです。

BF4とBF1くらいしかちゃんとプレイしたFPSはないのですが、BFもランクを上げたりキル数を稼いだりして武器をアンロックしましたね。

f:id:takachan8080:20170606190903j:plain

 

武器はAK-74Uを装備。Clash HardCoreをプレイしてみました。

f:id:takachan8080:20170606191833j:plain

 

ロビーから射撃演習場にいけるのですが、なんとかなり広いマップの射撃演習場です。

随分遠くまできてしまいました。

f:id:takachan8080:20170607013052j:plain

プレイした感想

ARMA3をプレイしたことがないので比較などはできませんが、移動時の姿勢の高さを決めれたり、画質もかなりキレイでした。結構リアルです。

グラフィック設定はデフォルトで100FPS前後でしたので、設定を下げればスペックがそこまで高くなくてもプレイ出来ると思います。

 

試しにClash HardCoreをプレイしてみましたが、どこの拠点を狙ってもいいというわけではなく、ラウンド毎に◯拠点を守れ!とか◯拠点を獲れ!みたいな感じで、制限時間内に拠点を獲ったりするルールだと思います。

マッチ終了まで数ラウンドあり、死亡すると次のラウンドまではリスポーンできず、他のプレイヤーの観戦をすることができます。

プレイ人数が10人集まらずともマッチ開始となり、1vs2でボコられました。