Taka9unのブログ

ゲーム情報攻略ブログ。たまにゲーム関係ない記事もあります。

MENU

【Fortnite】グラフィック設定について【BattleRoyale攻略】

軽快な動作とコミカルなキャラクターで大人気のFortnite。

血しぶきが出たりすることもなく、PUBGのような雰囲気が合わない方でも楽しめるゲームだと思います。

今回の記事では、グラフィック設定項目について調べてみました。

グラフィック設定項目

f:id:takachan8080:20170928013142j:plain

Window Mode

フルスクリーン、仮想フルスクリーン、ウインドウモードから選択。

Display Resolution

画面解像度を選択します。フルスクリーンの場合、黒帯が入る場合があります。

Frame Rate Limit

フレームレート制限(30FPS、60FPS、120FPS、無制限)

ハイスペックPCで144Hzモニターや240Hzモニターを使用している場合、120FPSや無制限を選択しましょう。

Quality

下記の設定を一括変更します。オート設定は自分のパソコンに合った最高の設定を選択します。もちろん最高だから快適とか見やすいというわけではありません。

3D Resolution

レンダリング解像度を変更します。UIには影響しません。EPICを選択するとモニターの画面解像度で出力します。フルHD以上のモニターは1080pが見やすくておすすめです。

f:id:takachan8080:20170930121425j:plain

View Distance

オブジェクトの描画距離を変更します。最低にすると近づくとオブジェクトがポン!と出現します。最低にすると負荷はかなり軽くなります。

推定ですが、一定距離以上敵プレイヤーから離れると設定に関係なく敵プレイヤーは見えなくなります。

Shadows

影のレベルを変更します。影にいる敵プレイヤーが見えにくくなる事があるので、オフがおすすめ。

Anti-Aliasing

アンチエイリアスのレベルを変更します。オンにすることで曲線が滑らかになりますが、その分若干負荷がかかり重くなります。

f:id:takachan8080:20170930122554j:plain

Textures

テクスチャのレベルを変更します。

Effects

エフェクトのレベルを変更します。

Post Processing

ポストプロセスのレベルを変更します。最高にすると遠くがボヤケてみえるので、最低がおすすめ。

Vsync

垂直同期のオン、オフを変更します。オンにするとテアリングを抑制できますが、スタッタリング現象が起きることがあります。よくわからない場合はオフがおすすめ。

Motion Blur

モーションブラーのオン、オフを変更します。オンにすると画面に揺れや残像感の効果が現れます。映画やアニメのような臨場感で遊びたい方以外はオフがおすすめ。

Show Grass

草表示のオン、オフを変更します。プレイ中にオン・オフ切り替えてみましたが、違いが感じられませんでした(汗)

Show FPS

FPS表示のオン、オフを変更します。

 

3D Resolutionを1080pにして、それ以外は全部最低でも十分かと。距離を最低にしていても、建物などは描画されます。小さい植木みたいなちょっとしたオブジェクトが消えました。